HOME>トピックス>それぞれに合う治療法できれいな除去を目指そう

自己流での除去は避ける

ファッション感覚で気軽にタトゥーを入れる人は増えていますが、後で後悔する人もまた少なくありません。タトゥー除去は費用が掛かることもあり、自己流で消そうとする人もいます。その方法は専用のクリームを使う、皮膚を削るなど実に様々ですが、間違った方法で行うと感染症のリスクもありますし、傷が残ってしまう可能性があります。自己流では完全に消すことは難しいと言えますし、安全な方法とは言えませんので自己流で除去することは避けましょう。

医療機関に相談しよう

タトゥー除去を安全に行うためにも、できるだけ傷が残らずにきれいに消すためにも医療機関に相談することが大切です。タトゥー除去は美容皮膚科や美容外科で行われていますのでまずは相談し、それぞれに合う治療方法を見つけていきましょう。

レーザーによる除去

肌を切らずにタトゥー除去をする場合は、レーザー照射による治療が向いています。かつては黒色やそれに近い色にしか反応しないと言われていましたが、最近は明るい色の除去にも対応できるピコレーザーを導入する医療機関も増えてきました。

切除や皮膚移植

レーザーによるタトゥー除去は何度も通う必要がありますし、完全には消えずに残ってしまうこともあります。一度の施術で完全に消すのであれば、タトゥー部分の皮膚を切除し、きれいに縫い合わせる施術も考えてみましょう。この場合はワンポイントなど比較的範囲の狭いタトゥーに向いています。広い範囲の場合は切除は難しいものがありますが皮膚の表面を削って目立たなくする方法や皮膚移植での治療もあります。

広告募集中